採用情報 

はじめに


はじめまして。採用担当(事務長)の猪又と申します。
この採用ページに来られた方のなかには、すでに山本メディカルセンターのことをご存知の方もいらっしゃると思います。もちろん、ご存知ない方もいらっしゃると思います。ご存知の方はこのまま〔募集要項〕の詳細をご覧いただければと思いますが、当院のことを知らない方のために、できる範囲で分かりやすく要点をまとめて医院の考え方や方針などについて記しました。通常の採用ページと比べボリュームの多くなってしまいますが、あなたにとって大事な転職かと思いますので、ぜひ、ご一読ください。
 
〔募集要項〕

 

実は私も、山本メディカルセンターに転職してきました


私が山本メディカルセンターで働き始めたのは、東日本大震災のあった2011年3月から。前職では検査センターに勤務していたのですが、患者さんと近い距離で具体的に患者サービスの向上に取り組めることに心動かされ、ご縁あってこちらに転職しました。初めて来たときの印象は「診療所なのに建物大きい」「患者さんがとても多い」「医療機器が充実している」この3つでした。
働き始めの頃は、なぜこんなに患者さんの利用が多く活気が溢れているのか分かりませんでしたが、このクリニックの歴史を知り理念を知り、そして院長の人柄に触れていくうちに、じょじょにその理由がわかってきました。

1993年開院


山本メディカルセンターは、消化器内科医の山本勇医師が1993年に、逗子市に開院いたしました。近隣の総合病院にMRIが無かった時代に周辺医療機関にさきがけてMRIを導入、CT、エコー、内視鏡など数多くの画像診断機器を備えての開院でした。「身近な医療機関で気軽に高度画像検査を!」をスローガンに、人間ドック・特定健診・各種健康診断を行える内科クリニックとして、近隣住民の皆さまの健康管理に力を注いできました。今では「毎年健康チェックを受けられて、困ったときには同じ医師に薬を出してもらって治してもらえる」という仕組みが大きな信頼感につながり、多くの方にご利用いただいております。

 

世代交代、新院長就任


2016年、山本勇医師に代わり娘の齋藤真理子医師が院長に就任、新体制でのスタートとなりました。前任の山本勇医師は現在も人間ドックや内科診療に関わっていますが70歳を越えていることも踏まえ、また、周辺地域住民の皆さまの健康を、今後も長きに渡り支えていく決意のもと、このタイミングでの院長交代となり、新体制での再出発となりました。齋藤真理子医師は形成外科専門医であるため、これまでの人間ドック・特定健診・内科外来に加え、皮膚科外来、形成外科外来、美容皮膚科、美容外科など「お肌」のお悩みであればなんでも対応できる体制も整えました。

私たちの目指すところ


山本メディカルセンターは、周辺地域住民の皆さまに充実した人生を送っていただくために、日々の健康管理を通じてその役目を果たそうと考えております。健康診断を受けられ、困ったときには身体の内部(内科)のことも外部(皮膚科)のことも相談できる体制、気軽に通いやすい環境、患者さんと一緒に取り組んでいく姿勢、それらを日々試行錯誤しながら創り上げています。そして、すべての人から「安心」と「信頼」を置いていただけるクリニックにしていきたいと考えております。私たちの目指すところに、一緒に取り組んでいただける方のご応募を、お待ち申し上げております。

 

山本メディカルセンターは、こんなところ。 

POINT1

チームワークで医療サービスを提供している医療機関です。

POINT2

質の高い医療を提供することを目指して、日々研鑽を積んでいる医療機関です。

POINT3

院長40歳、事務長41歳、若いパワーを中心に20年30年先までをも見据えている医療機関です。

当院のポリシー


山本メディカルセンターは「専門医」資格をもった医師が常駐しております。知識・経験豊富な医師の構成で、患者さんに安心して質の高い医療を提供できるよう体制を整えています。また、チームワークを重視しております。患者さんの健康維持に最大限の力を発揮するため、医療機関連携からスタッフ連携、患者さんとの連携も含め、一緒に良い医療を創っていくために全力を尽くします。さらに、患者さんがポジティブな気持ちで当院を活用していただけるようにしていきたいという想いから、施設環境も「くつろげる空間」を設けるなどできる範囲で工夫を施しております。抵抗感なく気楽な気持ちで当院と関わっていただくことが、ひいては患者さんの長きにわたる健康維持につながるものだと考えており、力を入れているところです。

 

山本メディカルセンターへの転職に、向いている方 

POINT1

理念に共感し、一緒に良い医療機関を創っていってくれる意欲のある方

POINT2

専門性の垣根を越えて「やれることなら何でもやる」姿勢で運営を支える気概のある方

POINT3

仕事も、遊びも、私生活も、すべてにおいて全力で取り組んでいる人

何でも、みんなで、やり抜く気概


当院は、内科外来、特定健診、人間ドック、訪問看護、往診、皮膚科・形成外科外来、美容皮膚科など、様々な診療部門があります。原則は各部署の専門職員がそれぞれの担当を担いますが、流動的な仕事量の増減や突発的な欠員などを臨機応変に補うため、強固なチームワークと、全面協力体制で運営を行っています。時には看護師がお茶出しをするときもあれば、医師がスタッフの送迎をすることもあります。みんなで一緒に医療機関を動かしているという上では、時には立場や職責を越えた対応も発生します。そういう対応も前向きに取り組んでいただけるスタッフを、当院では必要としています。

山本メディカルセンターに転職すると、こんないいことがあります 

POINT1

専門分野のスキルを磨くことができます。

POINT2

専門分野以外にも様々なことを経験し身に付けることができます。

POINT3

院長・管理職との距離が近いので、良い意見をダイレクトにぶつけ意見交換できる環境があります。

幅広い業務範囲


当院では、外来看護師でも健診業務で各種生理検査機器を扱ったり、手術の補助を行うこともあります。訪問看護師であっても外来補助に入ることや往診補助に入ることだってあります。長期にわたる看護師キャリアの中で「経験を積む」ということに前向きな方であれば、当院には様々な環境に触れる機会があります。事務スタッフにおきましても、医療事務からクラーク業務、健診事務から総務・経理までさまざま。掃除・洗濯・電球の取換えから院内補修まで、やれることはみんなで協力し合ってこなしていますので、色々経験できる職場です。原則、固定ポジションではありますが、どの職種のスタッフも、状況に応じて色んなことに関わって頂きます。

 

子育てしながら働く


2018年に企業内保育所を立ち上げました。「子供が居ても子育てママが仕事に就けるように」という真理子院長の想いから始まったこの保育所、現在、ここに子供を預けながら当院勤務をしているスタッフも複数います。「山本メディカルで働きたい」という強い思いを持っているスタッフを環境面で下支えする取組みのひとつが、今年動き始めました。また、クリニック内にも院内託児があり、曜日に制約はありますが、そこでお子様をお預かりする体制も備えております。

主なイベントなど 

POINT1

忘年会(毎年12月開催)

POINT2

納涼会(2017年は、屋上ビアガーデンをやりました)

POINT3

花火大会(逗子海岸花火大会を医院屋上でみんなで鑑賞)

その他

不定期でカラオケ大会、卓球大会、開院記念日にはケーキを囲むなど、楽しいイベントあり

屋上ビアガーデンを開催したときの様子

 

逗子海岸花火大会を医院屋上で鑑賞したときの様子。

 

主な福利厚生など 

POINT1

企業内保育所利用制度(お子様をお持ちのスタッフが利用中)

POINT2

美容施術割引制度(当院設備を使ってキレイに)

POINT3

院内診察・検査補助制度(体調不良時、医師判断にて)

従業員をキレイにしよう!


大人気の福利厚生としては、当院美容施術器具を使った美容メニューが職員価格で受けられること。しみ・しわ・たるみなど、気になるところを働きながら格安で綺麗にすることができるという福利厚生。その他、体調不良時には無償で診療・検査をお受けいただけます。

主な来院患者数 

POINT1

月間、来院患者数 平均4000名

POINT2

月間、新患患者数 平均300名

POINT3

一日、来院患者数 平均180名

主な検査・手術実績 

POINT1

内視鏡検査、年間1000件

POINT2

人間ドック、年間800件

POINT3

皮膚科手術、年間600件

所属スタッフ人数

POINT1

医師(常駐) 3名

POINT2

看護師 11名
(内科3名、皮膚科2名、美容2名、訪問看護4名)

POINT3

臨床検査技師 2名

POINT4

診療放射線技師 1名

POINT5

事務員 15名

その他

美容スタッフ、保育士、清掃員、駐車場誘導員など。

スタッフの居住地 

1位

逗子市

2位

葉山町

3位

横須賀市

その他

横浜市金沢区・戸塚区・港南区、東京都品川区など